読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回避性人格障害でも快適に生きる

回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)の生きづらさの軽減・解消を目指します。

お礼を言うと明らかに気分が変わる

前回書いた、感謝力を高めるために、ありがとうの言葉をなるべく意識して使ってみるというのがひとまず順調に実行できています。 具体的にいうと、スーパーやコンビニのレジで店員さんにお釣りをいただく時に、「ありがとうございます」と言うようにしました…

ケアレスミスが多すぎる

昔から、ケアレスミスの多さが気になります。 日常生活だと、封筒をポストに投函しに外に出たのに封筒持ってきてないとか、ガンガンやります。 結構困るのが、電車を乗り間違えちゃうこと。 終電とかの乗り換えで、逆方向に行っちゃって歩いて帰るとかものす…

ついにそういうやつが始まってしまった...

僕が割と本気で恐れていたことがあるんですが、、人によっては全くもって些細なことと感じるかもしれないのですが、、それがついに始まってしまいました。 少し前から、仕事で僕が所属しているチーム+ほかチームで合同のミーティングがおこなわれるようにな…

感謝力を鍛える

前回、感謝の気持ちで恐怖を押しつぶす、という恐怖回避方法ってありじゃねと書きましたが、 感謝の気持ちを持てと言われても改めて言われるとそれってどうやるのか、いまひとつよく分からない。 人に感謝の気持ちを忘れずに、とかよく聞きます。最近読んだ…

恐怖を感謝で押しつぶす

仕事の対人関係で極端に自分が出せなくなる、こんなことやりたいなと思いついたことを実行に移せない、異性に対しても非常に奥手、などなど、 頭では「これをこうすればいいだけじゃんか!」と思っていることがなかなか出来かったりするのは、なんでなんだろ…

一応働いていますがこんなです

今日は朝のミーティングで5つも年下の社員が、なかなかの立場が揃ったオーディエンスの前でものすごく理路整然と持論を発表しているのを見て朝からかなりやられました。 今のお仕事は基本的にしょっちゅうミーティングがあるのですが、その度に議題がどうこ…

現時点で思っていること、感じていることを整理する

自分が何をどうしていきたいのか、なにと戦っているのかを把握するために、 一度今感じていること・悩んでいることを整理しておきたいと思います。 回避性人格障害とは直接関係ない部分も多々あるかもしれませんが、今後の取り組みによる変化を感じるために…

言い訳や隠れ蓑としての人格障害

正直なところ、回避性人格障害という言葉を知った時は、そういう名称でカテゴライズされると、自分の中に「これは病気だから仕方がないんだ」という言い訳ができてたような気がして、なんとなく救われた気持ちになっている部分もあるように思います。 なにか…

回避性人格障害とはどんなものか

わたしもお医者でははないので、あくまで本やネットでの定義となります。 回避性人格障害https://ja.m.wikipedia.org/wiki/回避性パーソナリティ障害 「回避性」という言葉を一番端的に表している症状としては、失敗や批判を恐れて人と関わることや何かに挑…

はじめまして

はじめまして。コバヤシケンイチと申します。現在31歳、首都圏に住むフリーター男性です。(この時点で読むのをやめる人が多そうで困る) 私は特に大学卒業後、社会人となり仕事を始めてから、自身の以下の気質・性質がとても気になるようになりました。 ・…