読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回避性人格障害でも快適に生きる

回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)の生きづらさの軽減・解消を目指します。

お礼を言うと明らかに気分が変わる

前回書いた、感謝力を高めるために、ありがとうの言葉をなるべく意識して使ってみるというのがひとまず順調に実行できています。

 

具体的にいうと、スーパーやコンビニのレジで店員さんにお釣りをいただく時に、「ありがとうございます」と言うようにしました。

これは自分も薬局でアルバイトしていた実体験に基づいて、これをやられると嬉しいことがわかっているので、独善的にならなくて済むような気がして始めるのがとっても簡単でした。

 

やっていて気づくのですが、まだやり始めたばかりだからというのもありそうですが、言った後に何故か自分がとても気持ちがよくなるんですね。

 

最近、なんだかもう友達と会っても劣等感に苛まれるだけだし、仕事もいつやめてもおかしくないという状態からお金に対する不安が強くて、何をするにも出費が気になってしまうしで、お休みの日はもっぱら1人でいることが多いのですが、

 

お昼過ぎくらいになると、ものすごい憂鬱になってくるんですね。

前は土曜日なんかは同じ状況でも次の日も休みだし、という気持ちで比較的楽しくいられたのですが、最近は土曜日すらこの憂鬱が襲ってきます。

そして日曜日はいうまでもなく、仕事からの逃げ場であるお休みが終わってしまうことへの悲しみに明け暮れて過ごすことになります。

 

なにか没頭できる趣味でもあればいいんですが、特にこれといってハマっているものもなく。土日とか何をしているのか自分でもよくわからないまま時間だけが過ぎていくというなかなかにしんどい状況で。

 

そんな時。

ご飯を買いに寄ったコンビニでレジで店員さんにお礼を言うと、

なんだかフワーッと、フワワワーっと身体に温かいスチーム的なものが巡る感覚がするんですね。

 

「活力」と呼んでよさそうなものが湧いてくる感覚がするんです。

そのあと5分間ほど、「なんかちょっと気持ちいい」という状態でいられます。

 

向こうはもしかしたら「なにこいつお礼とか言っちゃってんのキモっ」とか感じているかもしれませんが、

少なくともお礼を言ったこちらはそういう状態になれるという、イッツライカマジック!

 

なので、近所のスーパーにもついに無人レジ機なるものも導入されているのですが、貴重なありがとうを発するチャンスを逃してなるものかという思いから有人レジの方を使うようにしました。